がん細胞の働きを抑える|免疫療法は細胞組織の特性を利用

脳の代表的な疾患とは

カウンセリング

良性への対処法

脳腫瘍は悪性の場合、早期の治療が必要なガンと同じように扱われる疾患ですが、一方で良性の場合は必ずしも手術などで腫瘍を取り除くとは限りません。良性の脳腫瘍の特徴には、小さいコブのような状態で特に周囲の組織に影響を与えることがないことや、ゆっくりとしたペースで肥大することがあるということが挙げられます。悪影響を及ぼすことない大きさが保たれている場合、半年から1年に1回程度の検査で経過観察を行いますが、周囲を圧迫するほど肥大している場合は切除などの処置を行います。切除では悪性の場合のように開頭手術をすることは稀で、レーザー治療による負担の少ない手術で完治することがほとんどです。脳の疾患は見落としやすい一方、命に関わることもあるので日ごろから情報収集をするよう工夫し、早めの受診など適切な対処をしましょう。

高齢者の関心の高まり

腫瘍は細胞の成長の異常や変異が起こることで発症しますが、その主な原因としては加齢による細胞の劣化が挙げられます。そのため、脳腫瘍は高齢化とともに患者が増えている疾患で、良性か悪性かを問わず多くの方が医療機関を受診し、治療を受けています。さらに、脳腫瘍に対する高齢者の意識を高めている背景には、症状の日常生活への影響の大きさと健康への関心の高まりが挙げられます。脳腫瘍は発症直後の対応が欠かせないくも膜下出血などの他の疾患を引き起こすことが多く、一人で暮らしている高齢者は特に注意する必要があります。そして、地域による運動や交流の推進に伴い、高齢者が健康の重要性を感じて様々な疾患へ関心を持ち始めていることが、脳腫瘍への注目の理由と言えます。