がん細胞の働きを抑える|免疫療法は細胞組織の特性を利用

樹状細胞を増やす治療

病院

キラーT細胞は、樹状細胞から伝えられる情報によって、がん細胞を撃退できるようになります。そのため効率の良い撃退のためには、樹状細胞を増やす樹状細胞療法が必要となることがあります。樹状細胞療法では、がん細胞の情報をしっかりと把握した樹状細胞が作られます。2週間に1回のペースで、5〜6回おこなわれます。

More Detail

三大ガン治療に新たな治療

男性

癌治療は全ての病院でできるわけでは無い

免疫療法はガン治療の一つとして注目を集めています。そもそもガン治療には三大ガン治療と呼ばれている3つの治療法がありますが、この治療法には抗癌剤を投与してガン細胞の活性化を抑えていくという化学療法、放射線を照射させてガン細胞を死滅させる方法、そして外科手術を行ってガン細胞を切除するといった方法が有名です。免疫療法によるガン治療は抗癌剤による副作用を軽減してくれる効果を持つ事、加齢などが原因で手術による治療では体力が持たない人の治療などの役立てる事が出来るといったメリットがあります。しかし全ての病院で行われている治療法では無いので、免疫療法の治療を受けるためには治療を行っている病院を探す必要があります。

ガン細胞は元々は正常細胞

正常な細胞組織が、何らかの原因でガン細胞に変換されてしまうというのがガンの特徴です。本来、人間の体内にある細胞組織は外部からの侵入するウィルスなどに対して攻撃をしかけ、体内に入らないように阻止する機能が備わっています。しかしガン細胞に変化したものは、元々は正常な細胞組織という事からも、他の正常な細胞組織は外部からのウィルスなどではないと判断してしまうため、細胞組織そのものに攻撃をする事はありません。免疫療法はこうした細胞組織の特性を利用した新しいガン治療法でもあり、3大ガン治療法に加えて新しい療法として注目を集めています。体内の細胞組織を採取し、その細胞組織を培養した上で体内に戻す事でガン細胞組織を攻撃する免疫細胞としての効果を期待する事が出来るようになるといわれています。

脳の代表的な疾患とは

カウンセリング

脳腫瘍には治療が必須の悪性のタイプと、経過を見つつ適宜切除などの処置を行う良性のものがあり、いずれも命に関わることがあるため脳の疾患の理解を深めることが大切です。命に関わる脳腫瘍に対して、患者数の増加と健康意識を背景に高齢者の関心が高まっています。

More Detail

ナイダスの破裂を防止

婦人

脳動静脈奇形とは、脳にナイダスという破裂しやすい血管の塊ができる奇形です。しかしナイダスを手術で除去しておけば、破裂を防ぐことができます。また、放射線を定期的に照射することで、ナイダスの機能を失わせていくこともできます。体の負担が少ない上に効果が高いため、放射線療法には高い需要があります。

More Detail